電話代行で自社の負担を減らそう

電話対応を外部委託して本業に集中

企業等が電話を受ける際、すでに面識のある取引先等からの電話であれば担当者の携帯番号にかかってくることもありますが、初めての相手であれば代表番号あてにかかってくるのが一般的です。そのため、大事なビジネスチャンスを逃がさないためには、いつでもスムーズな電話対応ができるような体制を整えておく必要があります。
ただ、そうは言ってもごく少人数、あるいは1人で会社や店舗を運営している場合、電話対応はけっこうな負担となります。常に電話対応要員を社内に残しておくことは限られた人材を外回り等の業務に活用できないことになりますし、アルバイトの事務員等を雇うにしても人件費が負担となります。
こうした課題を解決する手段として適しているのが、電話代行サービスの活用です。

マナー面での評価もアップ

電話代行は、自社あての電話を専門業者に代理応答してもらえるサービスです。該当の電話番号を転送できるように設定しておけば、かかってきた電話が自動的に業者につながり、オペレーターが自社の名を名乗って対応します。通話の内容はメールやファックス等で随時報告されます。電話をかけてきた相手は社員と直接話すようにストレスなくメッセージを伝えられますし、利用者側は秘書に応答を任せているのと変わらない感覚で電話対応を外注できます。
電話代行サービスは、人的負担と経済的負担を同時に軽減します。さらに、専門的なトレーニングを受けたオペレーターに対応してもらえることで電話における接遇マナーの向上にもつながるというメリットがあります。

© Copyright Telephone Sales. All Rights Reserved.