驚きの代行、営業電話とは!

営業電話の外注化で業務効率アップ

会社を運営していくにあたって営業電話やクレームの対応など必須となる業務があります。しかしこういった業務は必須である事は間違いが無いのですが対処が困難であるという側面を持っています。有益なクレームの電話であったり顧客の電話質問、セールスの電話などの合間に厳しいクレームの電話があれば、物理的な作業効率もそうですが従業員の精神的な負担も計り知れません。
クレームをデータとして蓄積し将来の利益へと繋げるというのはビジネスにおいて重要な要素ですから、この営業電話という要素を無視して会社経営など出来ないというのが実情です。
悩ましいその悩みの1つの答えとして営業電話の外注化が上げられます。クレームやセールスと言った会社にかかってくる全ての電話を外部に業務委託するというものです。外注企業先で電話オペレーターが対応することにより自社の従業員が電話応対に時間を取られる事が無くなる為、業務効率の改善に繋がります。

業務効率化のメリットとは?

実際に電話の外注を依頼するとどのような業務上のメリットを得られるのでしょうか?
まず応対時間の縮小があげられます。
電話応対とは顧客からのクレームなど電話を受けた段階では意義の有無や大小の分からないものが多くあります。それは時間をかける事によって会社の利益となるご意見となる場合もあればそうでない場合もあります。そうでなかった場合は労力だけをかけて利益を生み出せなかったという惨憺たる結果となります。営業電話の外注化とはこういった利益を生み出さない電話で従業員を圧迫しないという利点があります。
次にデータ蓄積を簡単に行えるという点です。
外注業者は電話応対だけでなく電話内容の詳細報告までを業務パッケージとして受諾しています。それらは事実だけを分析した有益なデータです。このデータが自社の負担無しに手に入るわけです。
自社負担を抑え適正業務を行う為にアウトソーシングを活用したいという方は検討してみて下さい。

電話代行サービスは、主にクライアントの代わりに電話応対するのが特徴です。会社の事務所をはじめ、コールセンター代行と種類があります。

© Copyright Telephone Sales. All Rights Reserved.